出版プロデュース事業

出版プロデュースサービスとは

ビジネスを広げていくのに必要になる

  • ブランディング構築
  • 集客力アップ
  • 商品やサービスの認知力アップ

を出版を通じて最大限ご活用いただけます

出版代行と出版プロデュースの違い

書籍出版で成功する秘訣!

ただ出版するだけでは
思い描いた未来を
実現することはできません!!

 出版会社のサービスを見て頂くと出版代行と出版プロデュースというサービスがあります。

弊社でも出版代行と出版プロデュースのサービスをご用意しておりますが、おススメは出版プロデュースになります。

どこが大きく違うのかというと、出版代行はクライアント様から原稿を預かり、出版するまでがお仕事です。

出版はしてくれますが、校正や表紙を作るサービスなどが別料金でついていたりもします。

そして、電子書籍出版代行の費用は安く数万円からのサービスがありますが、そのほとんどは出版後のフォローはありません。

・とにかく安さ重視!
・出版できたらあとのサービスはいらないよ
という方には向いています。

 しかし、ほとんどの方は出版するからには1人でも多くの方に届けたいことでしょう。価格が安ければ安いほど、サービスが入っていないことが多いです。

その多くは、例えば、

 ・テーマ
 ・構成
 ・タイトルなど

出版申請以外の作業を全て自分でやります。

それをより届けようと思う場合は、さらに自己プロデュースの力量が必要になります。

一方、出版プロデュースは「出版はゴールではなくスタート」

クライアント様の出版後のなりたい未来に向かって本作りからスタートさせていきます。

校正や表紙の作成も含め、テーマ、構成、タイトル、また、ビジネスを飛躍させる方にはそのために必須の仕組み、売上を上げるためにも必須の仕組み、出版を新たなブランディングにするために必要な仕組みなど、本を一人でも多くの方に届けるためにあらゆる戦略を駆使しながら進めていきます。

クライアント様によっては執筆って時には心が折れそうになるケースもあります。

私たちの場合(DIYマーケティングラボで)専属ライターによる執筆もサポートさせて頂きます。

もちろん、売り出していくのでランキングを獲得を狙っていくことも出版プロデュースのサービスの中にはほとんど含まれているでしょう。

ビジネスを飛躍させるのはもちろん、出版して実績を作りたい方にも向いています。

出版前後のフォローがあります。むしろ、フォローなしではできません。

出版代行のサービスとは違う様々なノウハウやサービスも提供するための時間や労力が何十倍も違うので、一般的には出版プロデュースの方が費用はかかりますが、電子書籍を自力で出版できても、得たい未来が得られるその仕組み作りができていなければ出版しただけで終わってしまうのです。

そこを導いていくのが出版プロデューサーです。

有名な人かどこの誰かも知らない著者の本、お金を出して読みたいのはどちらか聞かれると、ほとんどの方が有名な人と答えるでしょう。

プロデューサーはどこの誰だかわからなくても売り出してくれる心強い味方なんです。

実際に私のところにご相談に来られる方の中で自分で出版したけど上手くいかなかったという方もとても多いです。

例えば、
SNSを極める人は誰かから学ぶ
ホームページ作れないからプロにお願いする

それと同じですよね。

自分でできないことをプロにお願いすることは得られる未来に近づく手段でもありますね!

自己流ではせっかくの時間と労力をかけてもその手段によっては自分の望む未来は得られないのです。

結局⁡⁡オプションで高くついたり、⁡⁡数万円程の出版代行の費用が水の泡だったりしたそう・・・

どうせサービスを利用するならそんなことにならないように

・求めているサービスが含まれているのか
・価格以上のサービスであるのか

しっかりと確認した上であなたの目的に繋がる選択をしていくことをオススメします。

プロデュースは出版だけではない